About Us

私  達  の  植  物  工  場  の  特  徴

名称未設定-9.png

GPFのユニットなら限られたスペースにも設置可能です。具体的な寸法や立地条件はお問い合わせ下さい。

植物工場一例

グラフ.jpg

一般的な植物工場にかかるコストの比率は

人件費 35%
設備費 20%
光熱費 15%
輸送費 20%
その他 10%

GPF の植物工場はこの中の

人件費・設備費・光熱費

の3つを削減しました。

Ⅰ 設備費について

1.jpg

・ 塩ビパイプを流用


日本のインフラを担う高性能で安価な

塩ビパイプをベースにすることにより

今までの植物工場と比べて高い性能を持ちながら

設備費を削減することに成功しました。

日亜化学工業社製のチップを使用したLED

・ LEDを自社開発


植物工場ユニットの中でも特に高価な部材である

​LEDを自社製にすることでコストを抑えることに成功。

しかもLEDの性能を決めるチップには

日亜化学工業(株)製を採用し

非常に高い性能を誇っています。

Ⅱ 人件費について

今までの植物工場ユニットは

藻が発生しやすく掃除に時間がかかり人件費が増加していました。

さらに栽培プレートの移動により床が水浸しになりカビ等が繁殖。

​掃除も大変な上に不衛生な状況でした。

完全遮光式のソケット

・ 藻が付かない完全遮光式


ソケット式を採用。

完全遮光式にすることで藻の光合成を不可能に。

藻が付かなくなったので掃除の時間が大幅に減り

​人件費も削減されました。

床が濡れないドライシステム

・ 床が濡れないドライシステム


GPFのユニットは床が濡れないドライシステムなので

床や空調装置内にカビ等が繁殖しにくく衛生的

​安全な環境を維持しながら栽培に集中できます。

Before

5.jpg
4.jpg
6.jpg

After

7.jpg
8.jpg
11.jpg

Ⅲ 光熱費について

植物工場の光熱費を抑える大切なポイントは

”コンパクトに作ること”

今までのユニットはLEDからの熱や、野菜から出る湿気の逃げ場がなく高温多湿に。

その対策としてLEDと野菜の距離を空けファンを付けましたが

スペース効率が低下し、生産性が低くなり野菜もコストアップしてしまいました。

さらにLEDと野菜との距離が遠くなると野菜に光が届くように

​LEDの出力を大きくする必要があります。

10.jpg
11.jpg

さらにLEDと野菜との距離が遠くなると

野菜に光が届くように

​LEDの出力を大きくする必要があります。

LEDと野菜の距離が

2倍になると届く光は1/4 電気代は4倍

3倍になると届く光は1/9 電気代は9倍に…

なので電気代の節約に大切なポイントは

”LEDと野菜との距離を短くすること”

 

 

 

弊社のユニットは全ての問題を解決しました。

栽培溶液層に塩ビパイプを使用しているので

塩ビパイプの隙間から熱や湿気が逃げ

その結果LEDと野菜との距離を縮めることができました。

 

1段あたり45センチあったものを

27センチまで縮小(※当社比)

GPFのユニットはコンパクトに設計することで

​光熱費の削減にも成功しました。

12.jpg
13.jpg

Before

9.jpg

After

10.jpg
12.jpg
11.jpg

設備費・人件費・光熱費

3つのコストが大幅に削減され

清潔・衛生的で使いやすく、コンパクトで生産性も高い。

植物工場の収益化を目指す多くのお客様にご満足頂いています。

そしてお客様の声を基に、今日も進化し続けています。

上記の内容をYouTubeにもアップしています。

​ぜひご覧ください。